ギアログ東北VS広島参戦!!

5月29日にJAWS POINTにてギアログ東北VS広島が開催されました。

P.U.Tからは隊長と私の二人が参戦

 

前夜祭は関東からお越しの、ギアログ創設者morizoさん率いるMMR-Zの皆さんを交えて乾杯をしました。

morizoさんのパワフルさに終始圧倒された前夜祭でした。

すっかり日も沈み、お腹も満たされたタイミングで、満点の星空の下、撮影会を行いました。

撮影は仙台で活動をしているアマチュアカメラマン「零」さんにお願いしました。

素人ですから・・・

と謙遜なさってましたが素晴らしい写真ばかりで感謝感激です!

※乾杯の写真とこちらの写真2枚は零さんのご厚意に寄り頂きました。

当日は80名を超える装備好きが集合!!

正直、ここまで集まるとは思っていませんでした・・・

天気にも恵まれ最高のコンディション^^b

※画像はミリタリーブログさまより

私はというと

MARSOC風装備での参戦

一カ月前に路線変更したわりには様になってるでしょうか?

※画像はMIL-FREAKSさまより

そして何故か壇上でのスピーチ・・・

突然のことだったのでシドロモドロ(汗

フィールドの注意事項なんか言い出しちゃいました・・・^^;

※画像はミリタリーブログさまより

 

MARSOCは空軍と同じブルーチーム

飛び交う無線がリアリティ溢れててカッコいいっす!!

空軍装備の皆さま有難うございました。

※画像はミリタリーブログさまより


お昼は、隊長共々前日からの疲れがピークを迎えグロッキー状態・・・

ギアログ名物の撮影会には殆ど参加できずこちらのスナップショット一枚だけとなってしまいました(泣

もっと色々な方々と絡みたかったです・・・

次は必ず!

レッグのポケットに財布が入ったままだ・・・(汗

※画像はミリタリーブログさまより

 

続きを読む 0 コメント

FMA製PRC-152に特小を仕込む

FMA製ダミーラジオPRC-152を購入しました。

安い割に上々の質感でございます。

ただ、本物同様バッテリーの分離ギミックが再現されているため、内部スペースが狭く、特小を仕込むのは大変だとの情報が事前に入っておりました。

 

更に私が使用している特小はKENWOOD製

PTTのコネクターが横からの差し込みなので、横幅がでる分ケースに仕込むのは不向きというのが定説でした。

駄目もとでケースに入れてみると・・・

おっ!!

何だかいけそうな気がする~(^^

 

 

早速、Pカッター、デザインナイフ、ニッパーを駆使し加工したら・・・

入るではないかい!!!

加工した箇所は

・特小無線機のPTTの部分が干渉するので、当たる部分の除去

・ダミーラジオのボタンを抑えるプレートを削除

・ボタンの抑えが無くなるので接着

・サイドパネルの固定ビスが長いのでニッパーにてカット

時間にして30分程度の作業です。

KENWOOD UBZ-EA20Rはアンテナを畳んでも運用出来るのが功を奏し省スペースに収納出来るようです。

更に横幅がピッタリなので、ダミーラジオのPTTを押すと中に仕込んだ特小のPTTが押されるので、コネクターを抜いた状態で特小を仕込むと、まるで本物のようにヘッドセット無しで通信が出来ます。

そしてダミーラジオの加工で行き着く先は実コネ化ですね。

私も買ってしまいました・・・

取付けには、穴の拡張(直径20mm)と干渉箇所の切削が必要でした。

もちろん半田付けも必要です。


実コネが存在感を放っております。

KENWOOD UBZ-EA20Rのユーザーの皆さん。

簡単な加工で仕込む事ができますよ~

是非チャレンジしてみて下さい。(尚、加工は自己責任で実施して下さい。)

通信テストもクリアし、10日のゲームで早速運用開始です。

アンテナ周りの改造は追々やるつもりです。

今回も満足のいく買い物でした(^^b


0 コメント

ハンドガンラック

この三連休は、ちょっとのサーフィンと家族サービス(主に妻)に重点を置いて過ごしました。

その中で、IKEAに行く用事があり、店内を物色していると良い物を発見!!

プレートホルダーです!

これを見た瞬間閃きましたよ(^^v

ハンドガンを置けそうだとね(^^

密かに妻の買い物バックに忍ばせ家計からの支払いに乗っけたのはここだけの話・・・

家に帰り、早速色々と試してみました。


横の使うとハンドガンが6丁立て掛けられます。

アコーディオン状になってますので幅が自在に調整可能です。

なので伸ばして縦置きにすると、こんな置き方も出来ます。

他にもアイデア次第で色々な置き方が出来そうです。

素材がスチール製ですの、で愛銃に傷が付くのが気になるようでしたら、何かしらのカバーを装着する必要があるかもです。


今回も満足のいく買い物でした。

※尚、同じ用途で使用して愛銃の破損やケガが生じても当方では一切責任は負えません。

こちらの商品の本来の使用用途とは違いますので、私と同じ用途で使用なさる場合は、全て自己責任でお願いします。

2 コメント

謹賀新年!!

明けましておめでとうございます!!

 

本年もP.U.T及びジョーズポイントを宜しくお願い致します。


私は毎年恒例の初日の出サーフィンをしてまいりました^^v

2016も楽しくサバゲーしましょうね~(^^b

4 コメント

ソフトシェルジャケット

冬装備の定番ソフトシェルジャケットを購入しました。

CONDOR  602 SUMMIT SOFT SHELL JACKET

裏地にフリースを使用しているモデルです。

 

色は最後までTANと悩みましたが汚れが目立たなそうなODに決めました。

 

サイズはMを選択

Lサイズと悩みましたが、タイトに着用した方がカッコ良さそうだし、上からプレキャリを装備するならボタつかない方がいいかと思いMサイズにしました。

試着してみるとやはりMサイズで正解でした。

因みにファスナーは信頼のYKK

これで寒い冬も乗り越えられそうです。

サバゲーの時は、アンダーアーマーコールドギア➡ウルトラライトダウンベスト➡ソフトシェルジャケット➡プレキャリの順で着る予定です。

普段着としても着れそうですし、息子のサッカーの付き添いの時はこれをインナーにしてN-3Bを重ね着すれば寒さ対策も完璧でしょ~(^^

またいい買い物が出来たようです(^^v

 

4 コメント

11/29作業報告

遅くなりましたが11/29の作業報告です。

今回はシューティングレンジの製作を行いました。

スーパーハウスを前に出して、その後ろ3m×40mのスペースを利用しレンジを製作。

本来50mを確保するつもりが、勘違いが原因で40mになってしまったのはここだけの話・・・

壁の固定もまだ最小限だし、スーパーハウスから先はまだ手付かずの状態なので、使えるようになるにはもう少し先になりそうです。

いづれは屋根もつけたいな~^^

尚50m越えのレンジは後々他の場所に作る予定です。

他に、スーパーハウス周辺の整理やベトナムエリア内の拠点の製作、重機があったエリアへのバリケードの設置等、暗くなるまで作業は続きました。(写真がありません・・・^^;)

牛歩ではありますがジョーズポイントは成長しています。

 

次の定例会が楽しみです。

皆さん楽しんでくださいね~^^

 

最後に、今回手伝って頂いた方々に感謝申しあげます。

あんな感じでまったり~と作業してますので、気が向いたらまたよろしくお願いします!!

4 コメント

弾速計

弾速計を追加購入しましたので、簡単にご紹介です。

XCORTECH X3500

お馴染みX3200の上位機種に位置するモデルだそうです。

X3200との比較です。

測定センサーの口径が大きくなり、内部での弾当たりや測定エラーが出にくくなったと思います。

実際、60発ほど測定をしてみましたが一度も測定エラーは出ませんでした。

X3200は銃との角度が悪いとすぐにエラーになりましたからね・・・

二機種の測定値の比較です。

平均するとほぼ同じ値を表示していましたので、計測値での違いは誤差の範囲と判断しても宜しいかと思われます。

操作方法はここでは割愛させていただきます。

(香港マニアさんで取り扱い説明を載せてましたので、そちらをご覧下さい。)

X3500の最大の特徴としましては、液晶モニターがワイヤレスになっており、5m以内なら好きな所に設置出来ることです。

20mmのレールにもマウント可能ですごく見やすかったです。

液晶ディスプレーは横置き縦置き対応でオートで表示を切り替えてくれます。

もちろん収納時には液晶ディスプレーを畳むこともできます。



発売されて2年ぐらいになるんですかね~

最近値段がこなれてきたので購入に踏み切りました。

X3200 mkⅢも発売になりましたが、いまいち購買意欲がそそらなかったんですよね~^^;

またもや満足のいく買い物でした~^^v

3 コメント

ホルスター

サイドアームをマルイのフォリッジウォーリアに変更しましたのでホルスターも変更です。

因みにこのフォリッジウォーリアは、某オークションでジャンク品のため格安で購入

シアスプリングがへたっていたので、そのシアスプリングを手で曲げてテンションを回復させたら快調に作動したという代物です^^v


本題のホルスターですが、CQCホルスターを最優先で検索

定番ですとBLACKHAWKが思い浮かびますが、それだと角度調整に不満がありました。

ハンドガンはなるべく背面の腰付近にマウントさせたい私ですが、それだと縦に抜くとプレキャリが邪魔で抜き辛い・・・

横向きに出来ないかと色々調べてみたら、便利なホルスターがあるじゃないですか~^^

それが、こちら

IMI DEFENSE パドルホルスター

です。

ちょっとマイナーなこのメーカーはイスラエルらしく、UZIなどを生産しているメーカーだそうです。

こいつはレプリカですが・・・^^;

このホルスターは、パドルベースとホルスターがボルト一本で固定されてるので、360度好きな角度に固定できます。


上向き、下向き、右向き、左向きその他自分の好きな角度に自由自在です。


ガンベルトに装着するとこんな感じです。

私が使用しているガンベルト55mmだと遊びも無くいい感じです。

真横だと銃を戻す時にやりにくい感じでしたので、10度ほど角度を付けた状態で使う予定。

不満な点は、マルイのウォーリア系の特徴のあるレールだと入りませんでした。

仕方ないのでレールは取り外しての運用となりそうです。


今回もいい買い物が出来たようです^^v

4 コメント

ライフルケース

この度ライフルケースを新調致しました。

もはや定番のペリカンケース!!

と言いたいところですがこちらは

HARGDIGGというメーカーの

 STORM CASE iM330というモデルです。

サイズは外寸で1366×419×170あります。

ペリカンケースだと1750と同じぐらいだそうです。

因みにステッカーは自分が貼りました。



このHARGDIGGというメーカー

ペリカンケースとはライバルに当たるメーカーだったみたいですが、残念ながらペリカンケースに買収されてしまったそうです。

しかし、STOM CASE シリーズは今も健在でペリカンケースの看板を背負い販売されているようです。

私が買ったのにはペリカンケースの看板はありません・・・

それにしてもこのケースはデカい!

ちょっと買ったことを後悔させるほど・・・

M4とCQB、それとハンドガン2丁なら余裕^^v

入れ方を工夫すればM4、CQB,SPRとライフルが3丁収まる程の大きさです。

ここまで入れると総重量で30kg近いと思われます。

運ぶにはさすがに体力勝負となりそうです。

銃の運搬だけでなく保管庫としても使えそうなこのケース

とても満足のいく買い物でした!

大きさ以外は・・・^^;

4 コメント

衝撃映像

私が尊敬するサーファーの一人ミックファニングがサーフィンの大会中にシャークアタックにあいました。

幸い怪我も無く無事生還しましたが精神的ショックは大きいでしょう。

因みに彼は水中に引き込まれた時、サメにパンチし続けたとか・・・

自然の中で遊ばせてもらっているサバゲーでもいつ自然界が猛威を振るうかわかりませんね。


それとこちらの記事

http://spotlight-media.jp/article/167750558901337913

(お手数ですがコピペで見てみて下さい)

下半身不随になったMTBerの話

仲間たちの助けで再びMTBに跨りライドを!

素敵な仲間たちですね^^

そして彼の笑顔が印象的でした。

ミックファニングのシャークアタックの時も近くにいたサーファーが命がけで救出に向かったそうです。

やはり同じ趣味を持った仲間は良いもんですね~

5 コメント

BAD DAY

とある1日の出来事です。

昼間はフィールド整備のためジョーズポイントへ

フィールド内の邪魔な石をゴロンゴロンと転がしてると

胸ポケからスマホがポロっと・・・


転がしてる石の前に落ちたスマホは30kgは有るだろう石にプレスされ

両面のパネルが粉々に・・・

基盤は生きてるけどタッチパネルが死んでる

後日交換で対応してもらいましたが約¥5000の出費でした。


同じ日の夜、イラっとする事があり部屋の壁に八つ当たりしたところ右手に激痛が・・・

手の甲を捻挫し更に手首は脱臼

悔しいので明日のサバゲーはテーピングで固定して参加します。

怪我のお陰で台風のうねりが入ってるのにサーフィンに行けない私は手持ちの

SPR MK12 MOD1

を塗装してました。

さりげなくスネークスキンを入れてます。


今回の教訓

1.胸ポケにスマホは入れるな

2.短気は損気

皆さんもお気を付け下さいませ^^

6 コメント

フラッグフォーン

P.U.Tの専有フィールドで使用している爆音フラッグフォーンは私が製作しました。

電源はバイク用のシールドバッテリーを使用フォーンは車用のクラクションを流用

その他、スイッチとブレーカーを用意

それらを簡単な電気配線で繋ぎしました。

軽く装飾を施し、適当な木材でフレームを製作

これで内部ユニットの完成!!

上記で製作したユニットをアモカン(風工具箱)に仕込みます。

これを2台製作しました。

これで爆音フラッグフォーンの完成です。

このフォーンだと14000坪のフィールドに響き渡り、遠く離れたセーフティエリアまで聞こえます。

注)フラッグゲットの際は耳を塞ぐことをお勧めいたします。

4 コメント

ブログ始めます。

始めまして、P.U.Tの鬼軍曹こと部長でございます。

なぜ部長と呼ばれてるかですが、P.U.Tの隊長とは高校からの付き合いでして

当時、部活で私が部長を務めていたのがきっかけで未だに呼ばれております。


そんな私ですが、興味のあるものには取り敢えず手を出します。

サバゲー以外に


サーフィンもします。

MTBも好きです。

他にも色々と趣味があります。

そんなこんなで、私の日常をブログにしていきますので宜しくお願いします。

5 コメント