Report


2021「因幡の白兎」後編

さぁ、後編!

行ってみましょう!('◇')ゞ

 

時間は11:39分。

 

結果的に総攻撃となった後の赤チームは、敵アンテナ施設の脇を攻撃出来るようなポジションを維持し、抜け目なく黄色チームのアンテナを破壊したことで立場は逆転します。

 

わくさん司令官の次のプランは「自爆テロ」によるポイント奪取。

迷いはありません、相手がHQに連絡出来ない今こそチャンス!

ここぞとばかりに自爆者3名を目標 敵本部へ送り込みます!!

 

ここで自爆を志願した一人「荒井さん」が残した最後の映像を見てみましょう。w

彼が覚悟を決めて必死に敵本部に突貫します。

しかし沢山撃たれているのに、なかなかHITコールをしませんね・・・

そうなんです。

自爆者は持っている爆弾(風船)を割られるか、ナイフアタック(自爆者にタッチ)しない限り「無敵」なんです!

(めっちゃ痛いけどwww)

後は目的の場所で起爆するだけ。(風船を自ら割る)

確実にその場所で割れたらポイントですが、この爆弾はデリケートですのでイバラや装備の突起物で暴発することも・・・

正に覚悟を決めた者しかこの任務は全うできないことでしょう。(笑)

 

守る側も単なるネタでは無く点数に関係するから必死です。

このミッションが発動すると、相手には「着剣用意!」のアナウンスが流れます。

すなわち自爆者が現れた事が事前にわかるので一斉に緊張が走ります。

全力で走ってくる相手を止めたり、爆弾だけを狙い撃つのは相当な手慣れとなります。

 

あれ?でも、ここでカットしたのは謎の男さんのようですね・・・(働いている💧)


お昼も近くなって来た頃。

仲間と交代で戦線を維持したり、歩哨を立てて食事の用意をしなければ満足に休息も出来ません。

常にリアルタイムで動いている為、チームの協力が不可欠です。

その為、強固だった防衛ラインにもポツポツ穴が目立って来る頃でもありました。

そんなクソ忙しい時にやって来るのが「国連の視察団」です。w


彼等はこのサメニスタン共和国で不正な取引や、ジュゲーム条約に基づいたゲームがしっかり行われているか、厳しく査定をする機関です。

 

昨年汚職により摘発された「泥沼団長」が解任され、今季から着任した「ヤクー視察官」

彼は堅実ですので クソむかつくほど厳しく点数を付けて行きます。www


あ~っと!これはいけません💦「伝説の男さん」3年前と一緒です💦

前日の酒が「効き過ぎ」たのか、戦闘の最中に居眠りは不謹慎・・・減点の対象です!(笑)

 

このような風紀修正を行う為、わくさん司令官は視察団から厳しく詰問されます。

しかし残念ながら査問会へと更迭されてしまいました。www


その間、赤チームに流れる無線からは援軍の要請と応答を願う怒号が繰り返されています。

 

何故か。重要なポイントは写真の赤枠にありました。

戦線の一部が黄色チームに突破されていたのです・・・(;´Д`)💦

現場は混乱、その時々の判断で戦い続けるしかありません。

 

この一手が赤チームにとって後で大きく響く事になりました。

ここで違う角度から現場を捉えていた戦場カメラマン(Torema27さん)のレポートを見てみましょう。

 

視察団がどのような仕事ぶりで、サメニスタンの安定をもたらすのか。

はたまた、その現地の民族がどのように暮らしているのか。

現地の環境と紛争の状況が、第三者からの目線でよくわかる貴重な映像を残して頂きました。(本当に感謝です!)

https://twitter.com/i/status/1453384271633129484

 

https://twitter.com/i/status/1453670763593027584

 

https://twitter.com/i/status/1453987799586066433

 

https://twitter.com/i/status/1454051706560335880


この2つの写真は今回の因幡において決定的な場面でしょう。

 

一つ目は、国連の査察団の前に堂々と立ちはだかる、な、な、なんと!前団長の「泥沼さん」!

彼は身分を隠し「謎の男」として今回の因幡に参戦していた言うから二度の驚き!!

全然知らなかったー。(棒)

 

ま、それはさて置き、年々 彼が「青の部隊」を離れるまでの間に、歩兵と車両の陸戦だけでなく、航空管制を設け「空からの支援」が出来るようになったり、実際に大幅に入隊者数も拡張されたりしてます。

言わば、部隊の成長と共に歩んで来たキャリアが引きずり降ろされ、この地に戻って戦っているなど何か目的があることは明白。

 

最重要人物としてマークすべき対象者ではあるが、どうゆう訳か国連は彼を見過ごします。w

それと、赤チームの司令官が更迭されているゴタゴタに乗じ、あの赤枠で示した戦線から黄色チームが一閃!

「翡翠さん」がフラックゲットしたと言う朗報がもたらされます。

 

彼の戦績を知る限り、フラックゲット率の高さ、ゲーム展開の異常な速さ、どれも高速で展開する為、仲間からは「疾風」の異名があるほどの人物です。

 

どんな戦法だったのかはインタビューの通りなのでしょう。(笑)

しかしフラックゲットは大きい・・・200点が加算され、一端ゲームは仕切り直しとなり再開されます。


黄色チームは大きく駒を動かします。

自爆者を野戦病院と敵司令部に送り込む為、車両を要請し移送させて直接狙わせます。

 

赤チームも不意を突かれたとは言え納得できない怒りをぶつける対象として、敵アンテナの破壊を目指しつつ自爆者を野戦病院と敵司令部に送り込みます。

 

しかし両チームとも戦線が均衡し、このミッションはどれも成功しませんでした・・・


そんな激戦が続いている中、「ある情報」が錯綜します。

 

これにいち早く反応したのは、一部の民間人でした。

これまでの長きに渡る横暴により、サメニスタン市民の生活が苦しめられていた元凶を捕らえることが出来るかもしれない・・・

そんな想いもあったのでしょう。

「寝ている今がチャンス」前視察団長の泥沼拉致を決意します。

 

しかし、前途多難な計画です。

どの地域も激戦区であり、もはや民間人を盾にしてでも戦況を打開したいのはどちらのチームも同じ・・・

そこを抜けて拉致するなど、「余程の覚悟」がないと達成は出来ません。

https://twitter.com/i/status/1455565483663450118

 

https://twitter.com/i/status/1455764557578653699


素早く異変に気付いて飛び起き、腰の脇差に手を回す「泥沼さん」www(即座の反応としては流石ですw)

全く予期していなかった事に、黄色チームなす術がありません・・・

あえなく御用となりましたが、一民間人が車を手配し(青チームの車両)わずか数分の間に拉致を完了させています。

 

単なる民間人では無い動きです。

人里離れた山に監禁され、様々な拷問を受ける泥沼さん・・・(笑)

最終的に彼は口を割らず「白」だと言う事が分かり、「本命」が違う事がわかりました。


用が済んだ泥沼さんを民間人(元軍人)は、関係がこじれてしまった償いに赤チームに引き渡します。

 

まだ利用価値はありそうです。w

手始めに軽く拷問し敵の情報を探り、わく司令官はミッション「敵兵の尋問」で口を割らせ点数獲得を狙います。

 

https://twitter.com/i/status/1452270606792073221

 

この時の赤チームの戦況は動画の裏で流れている無線内容を聞くとわかると思います。

敵アンテナ施設を攻略する為「奇襲作戦」を発動し失敗したものの、ジワジワとべトナム戦線を詰めより「野戦病院の占拠」に取り掛かっていた真っ最中!

そしてこれが成功し、更には15分間の占拠を完遂し300点が加算されます!!


ようやく黄色チームが野戦病院を占拠された事に気付き、反撃し始めた時には大半の兵力が負傷兵で野戦病院に入院患者が殺到します。

国境なき医師団を依頼し「メディカルチームの派遣」により一気に全員を退院させ戦線に復帰させたいものの、占領下の状況ではリスポーンは出来ず手遅れ状態・・・

少ない兵力で何とか野戦病院を奪還しなければなりません。

 

しかし兵を差し向けるにつれ徐々に戦線は崩壊しつつ、更に赤チームはこれを起点に司令部、フラックゲットを狙って来ます・・・

苦肉の策か、L(リマ)M(マイク)26,27(司令部と野戦病院を繋ぐルート)にスモークを散布し、敵の足を止めつつ青チームにバックアップを依頼します!

 

・・・最早これまで💧

虚しくフラック音が鳴り響きます・・・赤チーム側で。(;゚Д゚)えぇ!?

この男、喰えません・・・

誰もが黄色チームが陥落したものと思いましたが、なんと捕虜の身から逃れ、フラックゲットして笑顔で帰還すると言う前代未聞のヒーローぶりを披露!

しかもタイミング良く、絶体絶命の危機的状況にあった黄色チームを救ったわけですから同チームからは英雄扱いです!

 

しかしどうやって脱出したのでしょう・・・!?

少し時間を巻き戻すと、赤チームは泥沼氏に拷問を重ねても、何も出ないどころか段々面倒臭くなり扱いに困って放置状態に・・・www

それよりも野戦病院を陥落させ、敵に王手をかけた部隊を進撃させている指揮の真っ最中でしたので、泥沼氏にかまっている余裕などありません。

後の話ですと敵司令部内を自由に散歩する事も出来たとか。(笑)

 

HQにゲームのルール確認の連絡が、大胆にも赤の無線から入ります。

「あのぅ、僕やられてないんですけど、こう言う場合フラックを取っちゃっても良いんですか?」・・・ポチっ

赤チーム側では許せない男ナンバー1です!!

時間は15:15分・・・あっという間に6時間が経過してました。

残り時間は1時間。

 

赤チームの闘志はこれまで以上に燃え上がり、再び「野戦病院の占拠」「自爆テロ」「敵アンテナの破壊」のミッションを同時発動し、復讐の鬼と化します!!

黄色チームは残り時間を計算したのでしょうか、守りを固め「施設の防衛」「自陣内のパトロール」をオーダーしました!

 

対象的に戦略方針が割れ、再開した最終局面での戦いは熾烈を極めます。

赤チームの猛攻は激しく、一般市民も巻き込み自爆者を増員、アンテナ施設の破壊には一度目の失敗を苦にせず2回も掛けて敢行します。

余りの戦闘の激しさに施設の損傷が生じ、地元の一般市民エンジニアに修理を依頼するほどのデットヒート!w

なかなか お呼びが掛からない青チームの隊員の中には、独断で戦場に降り立ち車両の投入を促しに行く者も現れる始末・・・

混戦に乗じてイエローチームは「単独潜入」を開始し、敵司令部に「スモークの攪乱」を施行します!

 

現場は正に戦場です。

 

赤チームはこの数時間の間に5回も「メディカルスタッフの派遣」を用いて、戦場に兵士を送り込み続けます💧

休む暇を与えず前線に送られる兵士の中には「もう~疲れた・・・たくさん・・・w」そんな会話が出るほど疲弊してました。

この状況の中で冷徹に駒を進める「わく司令官」の心境は厳しかったと思います。

本人が一番前線に出たい気持ちを押し殺し、仲間に打開を依頼するのは本当に心を通わせたと思います。

 

それに応えるチームがいました「Outlow」です。

彼等はこれまでも「わくさん」とは一緒に戦ってきた戦友でもあります。

「フラック2回も取られて悔しくないのか?」

仲間を鼓舞した一言が最高です。

何の遮蔽物も無い わずか1メートルの土手に張り付いて奮闘し、残弾も残りわずかというところで別動隊が2度目の野戦病院を占拠、ゲーム終了の7分前 劇的にフラックを奪取します!!(計300点獲得)

もうどちらが勝つかわかりません。(笑)

「正々堂々と東と西を結ぶバイパス(クランクロード)で決着をつけよう!」と黄色チームは赤チームに提案します。

それに応える赤チームも実にスポーツマン!爽やかな決着をつけに全員で突撃します!


と、言いつつ、バイパスに向かわなかった兵士もいたようですが、素晴らしい戦いでした!(笑)

 

いかがでしたでしょう?

これが2021年の「因幡の白兎」の全貌です。

最後まで騙し騙され、泣き笑い、皆さんがそれぞれ目的や特別な感情を持って戦った7時間。

あっという間でしたね。(笑)

結果はもうご存知の通り、黄257点、赤235点。

わずか22点差で黄色チームが優勝しました!(おめでとう!)

 

赤チームの追い上げ、見事なものでしたね!('◇')ゞ

チームが一丸となり点を取り返すために戦った一人一人の奮闘。

黄色チームも作戦の采配、攻守共にバランスよく戦い抜いたチームワーク、個人技を持って敵を翻弄しました。

 

「因幡」と言う大きな戦渦の中で、ここには書かれていないエピソードが他にも沢山あった事と思います。

その一つ一つにはドラマがあり、自分はその時どんな風に関わっていたのか・・・

経験し目撃したものもあれば、後から「え~?そうだったの?」と思う様な事も、リアルタイムで繋がっていた渦の中の一部でした。

 

全てにおいて「判断」は自分が決め、「行動」が戦場の結果となるサバゲー。

 

戦いの後に心に残った「何故?」や「こうすればよかったー」が出来なかった・・・いや、わからなかったからこそ、次も戦い続ける理由になるのかもしれません・・・

 

御参加頂きました皆さん、P.U.Tが考える企画サバゲーにお付き合い頂き本当に有難う御座いました!

2021「因幡の白兎」は終わりましたが、来年もこの続きを皆さんは想像するでしょう。w

また一年後、サメニスタンでお会いしましょうね♪(^_-)-☆

 それでは最後に、因幡の~「白兎~!!」

 

 

一般市民 Ivan(元GRU)レポート:2021.10.24.今回の調査では「本命」の尻尾を掴むことは出来なかった。


2021「因幡の白兎」前編

お疲れ様でした!「因幡の白兎」!

今年も壮絶でした!(笑)

初めて体験された方も、何度も出場している方も、毎回決まった終わりが無いのがこのイベントの醍醐味。

前夜祭から始まり、キャンプ、本戦を通じてどんなドラマがあったのか、一緒に振り返ってみましょう!('◇')ゞ

お陰様で「因幡の白兎」は今回で第六回を迎える事が出来ました。m(__)m

思えば去年もコロナ渦により開催が危ぶまれましたが、今年もイベントが継続出来ていると言う本当の力は、皆さんの熱い声援「今年もやるんでしょ」の一言に他なりません。(笑)


東北六県はもとより、関東の友人も遊びに来て頂けるほど「因幡の白兎」の知名度が年々大きくなっている事を嬉しく思います。

謎の男さん曰く「山形に蕎麦を食べに来た帰りに、道に迷っちゃってここに寄ってみたー」

などと言った照れ隠しも、我々にはちゃんとわかります。w

純粋に楽しむ為には「自分の時間」をしっかり確保して来る事、正に遊びのプロです!

参加されたどの方々も、色々な障害を乗り越えて今日の時間を作って来られた事に本当に感謝!

乾杯!(^^)!の音頭は「伝説の男さん」

彼は3年越しに因幡のリベンジを狙う「酒は飲んでも飲まれるな」を戦訓に挑む男。

しかし何と言う事か・・・わずか30分の間に彼の身に何が起きてしまったのでしょう💦

恐るべし因幡の白兎。

何が起きるかわからない戦闘は既に始まっていたのです!www

各テントも趣向を凝らした お酒やBBQで大盛り上がり!

急加速で因幡の前夜祭がヒートします!

ワイワイ飲んでるだけじゃありません!

 

夕方は風もありましたが、今日は夜が更けるごと風が収まり素晴らしい星空が現れてくれました。

 

JPは普段から天候条件やフィールドコンディションが安定しない為、なかなか好条件のゲームはおろか撮影も運次第なところが多い場所です。

 

なので、このサメニスタン共和国で天候が安定している夜間の撮影が出来るなんてことは大変貴重!

訪れた人も一度は記念撮影を取った方がいいですよ♪w

 

前夜祭はこうして好き勝手に楽しんで行っちゃいます!



あ~・・・💧朝。

つい一時間前ではハイボールにジントニック、全然知らない日本酒・・・(;´Д`)@

あと・・・何だっけ?ブラジルの粉々しいカクテル。

美味しかった!ありがとう!!oléっぷす!('◇')ゞ

 

さぁ、気を取り直して行ってみましょう!「因幡の白兎」本戦です!!


朝礼では超豪華ゲストやスペシャルゲストからの御挨拶!

それと東北でサバゲーを盛り上げている粋なチームを紹介して、ジョーズポイントのTシャツ¥2500も宣伝しちゃいました!

あまり反響が無かったのはモデルが良くなかったからなのか?

あ、いやいや、そんなことはどうでもいい!

皆さん!位置について~、よーいスターーーートゥ!!


ここで知らない方の為に説明しておきましょう「因幡の白兎」のゲーム概要です!

基本 AとBのフラック戦(赤と黄色チーム)を7時間18000坪のフィールドで戦い続ける耐久戦なわけですが、勝敗は総合獲得点数で決します。(例:フラックゲットで200点)

相手をHITさせればマイナス1点。野戦病院送りにし戦力を削いだり、個人技で獲得点数を稼ぐことも出来ます。

又、様々な「ミッション」が用意されており、それをこなすと報酬で点数が加算されます。

HQ(運営)は第三勢力の「青チーム」を有しており、各チームのリーダー(司令官)が戦況に応じて彼らに「依頼」すれば、車両の攻撃や移送、陽動やバックアップなど、どちらにも味方し対応してくれる傭兵的存在です。

一般市民も戦場にはチラホラ居ます。

カメラマン、旅行者、報道記者、エンジニア、元軍人・・・

どのチームに属しているプレーヤーも何かしら目的を持った行動をしており、それを利用したりされたりしながら戦況を有利に戦い抜く事が求められます。

普通のサバゲーではあまり使わない全体の視点を必要とし、個人の視点からも同時にゲームを組み立てなければならない戦略的サバゲーこそが「因幡の白兎」。

何をするのも自分で「判断、決定」することがこのゲームの面白いところです。

あれ?・・・セーフティエリアって?

当然全てフィールド内です。

 「司令部」なるものを設置し、火器も扱う(食事の為)ので「防火用水」を用意する・・・

なんて事もゲームとして組み込まれています。


チーム内から司令官を選出し、作戦を立てなければなりません。

それもこれもリアルタイムで進行して行きます。


さぁ、用意が出来たら出陣です。

ここまでわずか10分の猶予しかありません。

初っ端から理不尽な戦いが始まります。モタモタしていると敵は攻めて来ます!

防衛しつつ準備と、攻撃しつつ妨害を同時に行う事が必要です!


両チーム静かな立ち上がり。

受注したミッションは「施設の防衛」それと「自陣内のパトロール」

必ず完遂しなければならないミッションとして「防火用水の設置」を待ってから 事は動くのかと思いきや、黄色チームは仕掛けます「敵アンテナ施設の破壊」成功すれば赤チームはHQとの交信が不能になります。

これが見事に成功!赤チームは施設の防衛に失敗し減点です!

しかも耳と口が奪われミッションの受注が出来なくなりました。

その間、謎の男さん自ら「防火用水」のミッションを完遂!(真面目に仕事してるw)

赤チームは沈黙を続けます・・・

でもどうもおかしい・・・

黄色チームは一見有利に駒を進めているはずが、青チームにバックアップを依頼します。

座標「M17,18,19,20!」繰り返す「M17,18,19,20!」

かなり焦っている様子だ。

この座標はヴェトナムから東部戦線に移行する入口。すでにMAP下半分を敵が侵攻していることになります。

現場に青チームを派遣したが、あえなく全滅の報告が入った。

実はこの時 赤チームの司令官は自ら出撃し、HQの本部無線を持ち出したまま現場で指揮を執っていた真っ最中だったのでした!

しかし・・・その本部無線を途中で落としてしまい大変なことに💦

これが上手く行ってたら大きく戦況は変わっていたね。(;´Д`)

ま、結果オーライ。総攻撃の様な形になり攻撃陣形としては赤が有利な条件となりました。

これもまた、因幡ならではの予期しない戦場の変化でしたね!恐るべし・・・

なんとかアンテナの復旧が出来て、赤チームはHQとの交信が回復。

しかしこの作戦ミスを自ら受け入れた初代の司令官が降任、赤チームの指揮権は「わくさん」に譲渡されます。

交代した直後の判断は見事。

全く同じ個所の「座標M17,18,19,20」にすかさずバックアップを依頼し、その先に構えているLMGを駆逐する為LINEを押し上げます。

やりずらいのは青チーム・・・さっきは黄色に加担し今度は逆から狙います。

目的地に到着する前に敵と間違われ撃たれて帰還したことから、かなりの混沌とした激戦区だのでしょう。

一方、そんなことは尻目にカプル(たこ焼き)を焼く市民の皆さん。(笑)

油が無いとかで山を降りて黄色チームに貰いに行ってましたね。www

ただね。

この方達はプロの市民ですよ!(笑)

このこだわり!徹底して役に成りきるだけじゃなく、そこで使う言語も表現もちゃんと用意しています!

いや~、待ってた!こうした方々が現れるのを!www(良かったぁ~市民枠外さなくて)


しかしこの市民の方々・・・

今回の因幡のテーマなんじゃないかな。

撃たれていたら「市民」だから青チームが守らにゃいかんし・・・

報道カメラマンだから「変なところ」撮られたら脅されそうで嫌だし・・・

簡単に市民権を利用して情報をリーク(敵チームの情報)して両サイドにも転がれるし・・・

実は元CIAで独自の目的を持ってたりするし・・・

やっぱこれも「判断」なんだよね。

誰が決めるわけでなく、楽しむ人がそれをどうするのかがゲームになっていて、見過ごすのも、正すのも、利用するのも、サバゲーの中に組み込まれている。

常に運営任せのゲームじゃなく、自分で判断してゲームを進めるサバゲー?

新たな領域の遊びが、やっと因幡に吹き込まれた事に一人ほくそ微笑む隊長でありました。(笑)

 

さぁ、この後の「後編」は一体どうなってしまうのか!?(もう結果は知ってるし)

市民の暴走、鎬を削る黄色チーム、赤チームの全力攻撃、そして国連の介入・・・

たぶん、読みどころ沢山あるかもですので、お楽しみに!(笑)

 

to be continued


2021「Operation暁」

今年で2回目になります「Operation暁」

この時期の暑さ対策として始まった、早朝の涼しい時間帯にサバゲーしちゃおう!と言う企画。

ゲームスタートは朝の4:00からですので、前日からキャンプを兼ねて遊べる欲張りなイベントでもあります。

もうね、現地に着いたら直ぐに「プシュッ!」ですよ!(笑)

翌日の事など気にしない!気にしない!www

やっぱりね、気心知れた仲間達と飲む酒は美味い!

酒の肴にはもちろんサバゲ話で大盛り上がり!肉を好きなだけ焼き旨いものだけ喰う!

何て贅沢な会なのか!

それにしても、みんな「スペシャルな逸品」を知ってるよね~♪

ふらふら他のテントと絡み歩いてはそのお裾分けにあやかり、感嘆と舌鼓の連続です!

世の中には未だ知らないものが沢山あるんだね。(笑)

 

夜が更けても雨は降らず大喜び!これ幸いと夜間撮影をお願いすることに。

カメラマンはTorema27さん。

 

さっきまではBBQで煙をモクモクさせていましたが、夜間のスモーク撮影を一度やってみたかったので、お願い・・・を改め、勧んで・・・と言うより「やろう!」とカメラマンに無理難題を押し付けました。www

勿論、スモーク係りとして、ちゃんと撮影のお手伝いをさせて頂きましたので、仕上がりは万全なものかと・・・(笑)

 

 

起床はAM3:00。

さっき寝たばっかじゃーん、と思いながらも外に出てみるとやっぱり・・・💧

微妙な小雨がシトシト降ってます。(;´Д`)

 

運営としては「このぐらいの雨なら・・・」ですが、どのテントも真っ暗です。(笑)


それでも当日参加の方々は、きっちり時間通りに来て頂き準備を淡々と進めております。

様子を見たことで少し遅れましたが、雨も弱まり「Operation暁」早朝戦をスタートする事が出来ました!


微妙な暗さでの殲滅戦。

本来なら見えるか見えないかの明るさが売りですが、今回は大分日が昇ってしまったところです。

フィールドコンディションは思いのほかグダついてはおらず、草に付いた水滴が衣服を濡れさせます。


でもね、何より涼しいのがいいね!(笑)

真夏のピーカンサバゲーも悪くはないけど、かなり体力的に厳しいものがあるからね・・・💧


忌々しいことに、小雨が降ったり止んだりが続きます・・・(;´Д`)


ゲームは南北に分けたフラック戦に変わり、ショートタイム(20分)で進行します。


結局、ネバって裏表のゲームはするもののギブアップ。

その後に控えていた東西フラック戦の前に、朝食を挟み天候の回復を待ちましたが駄目でした。(;´Д`)

それでもフィールドは開放し、有志でミニゲームを行ったり、個別に撮影をしたりとまったりムードに・・・

 

少し残念なイベントになっちゃいましたが、キャンプをしサバゲーが出来たのでOK!(笑)

「Operation暁」は完遂しました!('◇')ゞ

 

どうも夏場は宜しく無い傾向が続いている様な気がしますが、来年もやります!

また遊びましょう!(^_-)-☆

 

 

※ 皆さんの写真はGalleryに移動しました。

 


P.U.Tキャンプサバゲー定例会!

6月19、20日は、P.U.Tキャンプサバゲー定例会を行いました!

去年もでしたがコロナの影響で感染拡大を防止するべく、街は営業時間短縮により気軽に飲食店すら行けない状況が未だに続いております。

しかし、ソーシャルディスタンスを守りながら屋外で行う分には、自粛を継続し行動を控えた身体と心にとって鬱積を晴らすには充分なイベントだったのではないでしょうか。

さぁ、そんな中行われた今回のキャンプ定例会は如何なものだったのでしょう!?

19日はあいにくの雨・・・(;´Д`)

まぁ、一週間前からわかっていた事ですが忌々しい。

しかし肉を焼いたり駄弁ったりに関係はない!じゃんじゃん焼いて盛り上がろう!!

宴の始まりです!

いやぁ~ホント、皆さんが持ち寄った物を振舞って頂き、お陰様で私も沢山あやかりました。(笑)

この場を借りてお礼申し上げます。m(__)m

特にねぇ、チームセンショウさんから頂いた「甘ルーラ」ありゃ魔物だね!

俺を酔わせてどうする!ってなお酒でした。www

それとチョウ・ユンfあ、いやキリナカさんから頂いたお酒も最高でした!

かの有名な映画ドラマ「バンド・オブ・ブラザーズ」のニクソン大尉が飲み過ぎていた「VAT69」ソーダ割り!

これもやばかったなぁ~!(帰りに買って帰ったけどね♪)

それにKing&Queen以来かジントニックまで頂いちゃって、久々に千鳥足をキメましたね!(笑)

他にも沢山の肉や料理を分け合い、持ちつ持たれつの素晴らしいキャンプでしたね!(^_-)-☆

やったぁ!翌日は晴れたぞぉ!元気いっぱい行ってみようか!!!(いけてません)

この表情はなんだ・・・その、あれだな。アレ。(笑)

いや~申し訳ない。

そんなに飲んだつもりはないんだけどなぁ・・・OEっP💧

フィールドツアーや朝の朝礼前まで、皆さんに支えられて出来たって感じです!本当にありがとう!('◇')ゞ

2リバースでもう安心!

気を取り直して行ってみましょうフラック戦!!

久々の東西戦です!(今年は雨や風により参戦者も少なく南北戦が多かったからね・・・)


やっぱフルでフィールドが使えるといいね!(笑)

いつの間にか生い茂った雑草がいい感じでバリケードと化し、対戦が開けた所と閉所の切り替えを必要とする難しいフィールド条件だったと思います。


見通しが効かない分「待ち」になる事はあってもルートは無限!

将棋の様に手駒を一手一手進めては障害を排除し詰めて行きます。

この辺もジョーズらしさというか、一試合30分間もプレー時間があると、じっくりサバゲーを堪能できちゃう面白い要素でもあるよね♪


気温もグングン上昇し、頭もガンガン割れるほどヒート!(それは二日酔いです)

いやぁ~暑かったね・・・(;´Д`)

生い茂った草の木陰の方が涼むほど一気に日差しが厳しくなりました。

しかしながらナイスファイトです!

このフラック戦は両チーム引き分け!御互い攻守譲らない良いゲームでした!('◇')ゞ


次のゲームはワンフラック攻防戦。

攻撃側はCQBエリアのフラックの奪取を目的とし、一方の防衛側はフラックを守るゲームです。

攻撃側には復活20回のサービスがあり、防衛側は5回しかリスポーンが出来ません。


ブッシュに溶け込み密かに守備の人員を削り取り、守りのラインを徐々に後退させます。

守備側もその裏の裏を突き、アンブッシュで攻め手をやり過ごしてから刈り取ります。

適材適所に人員が配置されると要所による突破が困難で、攻めているのか守っているのかわからなくなります。w

しかしそれがワンフラックの奥深さ。

きっちりフラックゲットでゲームを〆ると、とても充実します。(笑)

お昼は御飯を返上して、私は撮影に極振りしました!

必ずこの日はこの装備合わせで!と決めていたので5年越しに集めた装備と髪を切り頭を丸めて挑みました!(笑)

(全てカメラマンのTorema27さんに委ねたのですがw)


もうね、素晴らしいとしか言えない。

無茶振りの合成にも一切手を抜かず、このクオリティー。

最高の一枚を頂きました!Toremaさん!本当にありがとう!!('◇')ゞ


午後はワンフラック攻防戦の裏ゲームからスタートです。

ここでも両チーム手堅い攻撃と、守備の連携により均衡したゲームでした!


このゲームは守備側の勝利。

どん深に鎮座したゴールドリーダーを抜く事は叶いませんでしたね・・・w

特殊戦として南北フラック戦を1回HITで退場としたシビアなゲームも楽しみましたよ!('◇')ゞ

その時の三代目をカメラでとらえたものですが、敵が部長でしたのでバリケードにビッタリ釘付けでした!(笑)

あれほど負けたくない男の覚悟を見た事がありません!

表はドローでしたが、裏では三代目が部長に勝利。

末代まで言われ続けると思ったのか、部長のその後はとても不機嫌になりました。(笑) 

そんなこんなで、あっという間に過ぎたキャンプサバゲー定例会。

時に苦しく、楽しく、美しく、綺麗にまとめた素晴らしい企画だったと思います!(きっぱり)

 

最後に一言。

皆さんがどんな状況下であっても、サバゲーを愛し楽しむ心を持った参加者である事に感謝します!

そうした仲間が居るからこそ一緒に遊べる「場所」が盛り上がれることを受け止め、次回も更に楽しく遊べるよう協力し合い、知恵を絞り声を掛け合って行きたいと思います!(^_-)-☆

 

※ 最後のヤクーさんの写真は全く意味がありません。m(__)m

今回参加頂いたカメラマン「Torema27」さんから撮って頂きました写真を御提供頂きました!

ありがとうございます!m(__)m

Galleryを設けましたので、皆さん楽しんで見て行って下さい♪


P.U.Tさばげ遠征!

いや~、チームでのサバゲー遠征って2年ぶり・・・?(ユルゲ東北の時のさとうさんち)

以前のZero23バトルフィード遠征なら、実に5年ぶりとなる遠征でした!!

目指すは5月の2日にオープンしたばかりの「Sabage Park 蔵王 No,990」です!

今回のレポートは、そんなこんなで楽しんで来たP.U.Tのサバゲー珍道中を巡りたいと思います!('◇')ゞ

4月末にヤクーさんが「もうジョーズの受け付けばかりで、俺はサバゲーがしたいんじゃ!!」と言う心の声が聞こえた様な気がして、メンバーが気の毒に思い「確かに・・・チームとしてちゃんとサバゲーを楽しもう!」と言う流れから、丁度オープンのSabage Park 蔵王 No,990さんに行ってみよう!と言う事になりました。(てきとう)

でも、あれ?オープンは5月2日じゃ?と思った方は鋭いですね。

その通り。2日に決めていたけど大事な用事を忘れてしまっていたので、あっさり9日にしちゃいました!(^_-)-☆

まぁね。やっぱりサバゲってのはプレーしても面白いけど、それまでの過程も重要なんだよね。

当日何をテーマにどれを使うかなんかを考えて用意するまでも面白いし、遠征ならどこを通って美味いものを食べながら行き来するかとか、仲間と相乗りしてワイワイガヤガヤその日の話題なんかで盛り上がるとか最高ですよね。

しばらくそうしたサバゲをしてないと大切な楽しみを忘れちゃうんだなぁ。(笑)

今回、我々はJPに集合し車2台で向かうことにしましたが、離れた車と会話する為特小無線を使って移動しました!

アレね。面白い。(笑)

別に大した話題じゃないけど無駄にしゃべるからね。www


ほらね。あっという間に到~着~♪

あれ?雨なんだけど・・・(笑)

JPでは快晴だったけど峠を越えたら雲行きが怪しくなってきて・・・

おそらく私が思うに、途中でマイナス4℃を謳っていたコーラを買ったはずが、ただの冷蔵コーラが出て来たことが原因ではないかと思います。www

まぁそれはどーでもいいんですが、誰もいないよ・・・💧

 「ちょっと早く着き過ぎたか?」

「あいにくの雨だからなぁ・・・」

「ヤクーさん仕事しなくていいね♪www」なんて会話をしながら受け付を・・・

まだゲームスタートまで時間もありましたので、イケメンフィールドオーナーと名刺交換させて頂きました。

折角ですので立派なセーフティエリアと、シューティングレンジ、フィールドの中を見させてもらいつつ、今後のフィールド展開の話も聞かせてもらえましたよ!(ありがとうございます!)

何と!まだまだ未開拓の土地が結構あって、今後ドンドン「森側」を盛りアゲるとのこと!!(楽しみですねw)

 

それじゃー記念撮影しときますかぁ~♪(^^)!

さてさて、グダグダな撮影も終了した頃 参加者の皆さんも集まり弾速チェック、朝礼となりました~♪

何時もは我々がやっている事を、やってもらうのは何か違和感がありましたが、実に新鮮です!(笑)

レギュレーション、ルールの徹底など、しっかり説明を頂きました。(私とは大違いw)

フィールドからはセンターポジション(記念撮影場所)の他に4つの拠点があり、色々なゲームに対応出来そうです。

今日の参加者さんの人数が18人と聞き、P.U.Tメンバーからは(マズイ・・・休めないじゃないか・・・)と言う心の声が、ハッキリと口から発言した上で聞こえて来ました。w

 

後はその、なんだ・・・ゲームの内容とかフィールド内の様子とかはワク3とかレビューしてるから見てみてね!

WK3のわくわく趣味ブログ」→よろしくね♪

それに午後からカメラマンの龍さんが来てくれて、ちゃんと撮ってたしね。(このブログのほとんどがそうだし。)

龍-𝑅‌𝑦𝑢-🐉𝑃ℎ𝑜𝑡𝑜𝑔𝑟𝑎𝑝ℎ📷さん (@dragon0331) / Twitter

(素晴らしい写真を撮りまくってます!一度チェックしててね♪)

まぁ、どのくらい楽しかったかと言ったらこの写真だけで充分伝わるんじゃないかな。w(全く伝わらない)

10~15分のゲームをガリガリ回されて、おじさんはショットガンを杖代わりに使う程 もうヘロヘロ・・・💧

最後に龍さんにお願いして、チームの皆と一緒に撮影!!

やっぱり俺が撮るのとは違うなぁ~♪(笑)


帰りは蕎麦が食べたかったんだが、うまい店を知らなくてね・・・(;´Д`)

インター近くの「寅真ラーメン」ってとこに寄ったよ!


いや~、ここではチャーシュー麵 頼んだんだけど、メッチャ美味かったよ!!(笑)

 

最近はね濃い系のラーメンばっか食ってたから、醤油ベースのあっさりスープは良かったねぇ♪

そして柔らかチャーシュー。

これが意外に香ばしくて、肉の油を口の中にパーっと広げて包んでくれるわけ。

麺も太麺で腰があり、ズルズルいっても食べ応え十分!

大盛にして良かった~って感じ。(^_-)-☆

 

え?

サバゲの内容もこのぐらい書けって?

あ、うん、ゲフンゲフン。

チーム水入らずで久々楽しんだサバゲーは格別でした!

最高でした!最高!!

 

JPで遊んで帰るみんなも、いつもこうして今日あった出来事を振り返ったり、サバゲーの他にも仲間と楽しみながら行き来するんだろうなぁ・・・

 

そんな楽しみをもっと作れる場所を作らにゃイカン!

そう強く決心した隊長でした。('~')ゞ

ちょっとお父さん!!

あんた腰どうしたの!?

「へ?」

出血してシャツ真っ赤だよ!!

「なぬ!?」(笑)

自然がいっぱいのフィールドで、身も心も満喫したP.U.T遠征でした! ヒャッホウ!

 

※ 写真はGalleryに移動しました。

4月18日 P.U.T定例会!

おひさしぶりです・・・

もうコロナうんざりですねぇ・・・💧

でもねぇ・・・ヤダヤダ言って動かなかったら、身体もなまっちゃうし心も病気になっちゃうよ・・・

適度にお腹をへこませたり・・・

原チャで転んでみたり。

気分転換にイメージチェンジしてみたり♡

そして何より、外で思いっ切りサバゲーしなきゃね!!(笑)

と、言う事で。

感染予防対策は万全に、4月18日はP.U.T定例会を行いました!

前日は暴風雨で、当日の天気も危ぶまれましたが まさかの快晴!!

風が強かったことは残念でしたが、最近JPでのサバゲーに飢えていた私は歓喜のあまり小躍りもしました!(笑)


ちょっとでも時間が勿体無い!

そそくさと朝礼を行い、チームを分けたらお待ちかねのゲぇーーム!!


風が強い時には定番の南北フラック戦!

フラックまでの距離は近いけど、戦線が大きく横に拡がればなかなか落とす事が難しいゲーム。


イエローチームは早々にタイヤ陣地に侵攻・・・

そこからガソリンスタンド、貨車裏、小山ルートでレッドチームを追い込みます!

しかし・・・ひょうひょうと中央の石段を越えて行ったレッドチームにフラックを取られてしまいました。


守り手も重要だけど、なるべく縦に攻めたい・・・

そんな想いはあるものの、それがなかなか出来ないもどかしさを楽しむ事が出来たのではないかと思います。(笑)


P.U.Tの定例会ではワンゲーム30分が基本時間です。(広くて攻略に時間が掛かるからw)

大概2ゲーム程行うと、足が張って来て少し休憩をとる方もいるのですが・・・

今回は違いましたね!(笑)

前月の定例会が延期となった分、今日のゲームに掛ける意気込みを感じるプレーが出てました!


次に行ったワンフラック攻防戦でも、ペースが落ちるどころかゲームの展開が早い早い!

何時もはCQB側のフラックを取るゲームですが、今日はタイヤ陣地がフラックです。


レッドチームは中央から大きくサイドチェンジを仕掛け、脚を使った怒涛の勢いで雪崩込みフラックゲット!

ここしばらくの間に行ったワンフラック戦では、かなり華麗な攻めだったのではなかったでしょうか!?


一方、イエローチームはじっくり偵察から状況を確認し、ジリジリと削り取りフラックに詰め寄るお楽しみ型のゲーム展開。

いやぁ~どちらにしてもね、これがサバゲーの奥深さだよね!

そのゲームごと、そこで出会った者同士で意気を合わせ楽しみながら一つの目標を達成する為~に戦う。

そんなアバウトで目標はハッキリしながらも、それぞれがテーマを持って遊べるゲームって他にあるかな!?w

だからサバゲが好きなんだよね~♪(笑)

お昼はフリーマーケットもしましたよ!

 

お友達価格で安心充実の品揃え。(笑)

ヘルメットが500円だったりとかなり破格値が付いていた商品もあったとか。w

これから始めるプレーヤーにとっては、夢の様なアイテムがゲット出来るセールだったと思います!

 

かたや軍拡資金を作る為にも売らなきゃならない・・・

持ちつ持たれつ、需要と供給が合いまった素晴らしいフリーマーケットでしたね♪('◇')ゞ


ちょいと寂しかったのは何時もならBBQでにぎわう駐車場が・・・💧

この御時世もうちょい我慢が必要だね!

コロナが明けたら思いっ切り弾けた企画を打ちたいね!!(笑)

 

さぁ!久々におばちゃんの弁当を食って、エネルギーを補給したら人質を救出しに行くぞ!!

午後のゲームは特殊戦「人質救出作戦」を行いました。

人質には「例の大統領」を鮫山の下の牢屋から救出するゲームですが、例の大統領が体調不良により(ぎっくり腰)急遽「きんさん大統領」がさらわれたことになりました!

救出チームはブラックホーク側から、メディック2名を帯同させ作戦開始です!


この作戦のキーはメディックの活用と言っても過言ではないでしょう。

守備側は鮫山の下防御陣を敷き、アンブッシュから容赦なく救出チームの行く手を阻みます!

HIT者はその場にとどまり負傷者アピールを。仲間が連れ出さなければ動けません・・・

しかし、負傷者ですから声を上げる事は出来ます。

敵の位置情報やどこからやられたのか、見えている限り仲間に有利な情報を送れます。


一方、守備側はHITしたら山の裏の養護所(ガソリンスタンド)で待機。

ラスト10分前に一度に復活出来ます。

すなわち、ゲーム時間30分のうち20分で救出しなければ、それまで削ったプレーヤーが援軍として舞い戻り、襲って来るのです!

如何から崩し、裏をかき隠密に遂行するか・・・

いやいや、力でゴリ押しスピード勝負で行くか・・・


しかも救出したら終わりじゃありません!

人質をエスケープポイント(鮫山の山頂)までエスコートしヘリを呼ぶまでがゲームとなります!


この「密漁取り締まり」の方の動きは素晴らしかったなぁ~♪

完全に真裏から忍び、守備陣をことごとく排除。

そして救出に成功!!

きん大統領にも、ちゃんと気遣って山を歩かせない配慮も図ります  が。

きん大統領「山の上行くのも大丈夫だよ~♪」ガっサガサ!!(隠密協力ゼロ)

「あれ!?勝手に歩って駄目なんだっけがぁ!?」(まさかの大声)

あえなく敵に見つかり終了でした。w

 

最後は恒例の弾抜き戦!

フラック戦ではあるものの、無限復活(何回復活してもいい)で今日の弾を込めたマガジンを空にするまで撃ち尽くし、トリガーハッピーになれるゲームです!(笑)

まぁ、それだけじゃなくね、普段のストレスも騒いで撃ちまくれば気分も幾分か晴れるというもの。

楽しめる時に楽しまなきゃね!

こうして久々のP.U.T定例会は終了しましたとさ。w

何時でもマイペースなP.U.Tは、また皆さんに遊んでもらえることを願ってず~っとここで待ってます。(笑)

自然って気持ちいい~♪

 

 

※ 皆さんの写真はGalleryに移動しました。

 

2021「撃ち初め」

明けましておめでとうございます!

今年もジョーズポイント P.U.T共々宜しくお願い申し上げます。

今年も始まりました!ジョーズポイントでのサバイバルゲーム!

ここ何年かは雪の無い穏やかなスタートでしたが、今年はガッチリ キンキンのスタートです!

この季節でしか現れない後光が鮫山を照らし「赤鮫」になる事は、縁起が良いと民明書房で読んだことがあります!

今年は間違いなく良い年になる事でしょう。(笑)


しかしながら寒い!・・・マイナス11℃ってのは、積もっている雪すら解けることなくサラサラなんだね・・・

滅多に出会えない風景だから、一目散に着替えて嫁さんに撮って貰いました。(笑)


さてさて、毎年ながらジョーズポイントの「撃ち初め」とは、単なる今日からやります定例会・・・ではなく、今年一年の抱負を新年の御挨拶としまして、真面目に鮫山に参拝し安全祈願をする行事としております。

宗教じみた理由はなく、単純にここで一緒に遊ぶ仲間達が怪我や病気などおこさないよう、皆で気持ち一つにする決起会のようなものです。

登頂し山頂から御神酒を捧げ、皆で無事を祈りました。('◇')ゞ


重い話になりますが、去年の「撃ち初め」では新型コロナウィルスによる影響がこれ程までに深刻な状況を及ぼすとは予想だに出来ずにスタートした事が思い出されます。

謹んで感染症によりお亡くなりになられた方々にはお悔やみ申し上げます。

今年は一刻も早くこの忌々しいコロナの終息を願い、再び何にも捕らわれることなく皆さんと一緒に遊べるようにも祈願しておきました。

参加して頂きましたカメラマンの龍さん、Torema27 さん、kirinakaさん、写真のご提供ありがとうございます!

何時もながら素晴らしい写真を撮って貰い感激です!

珍しく部長と二人でのツーショット、結構気に入った一枚になりましたのであげてみました。(笑)


式を終えた後はフィールドを開放し、皆さん各々交流を図りました。

流石に今回はBBQをする猛者はいませんでしたが、ティータイムや訪れた方々達と駄弁ったり、ミニゲームをしたり、ひたすらワンコをモフモフしたり・・・(笑)

まぁ、一番活気づいていたのはロシア勢だったことは間違いありません。


この笑顔たるや三年越しの雪上撮影!

やっぱり映えが最高です!

しっかりフル装備で初日からキメたJPでの「撃ち納め」。

今年も一年、楽しんで定例会を継続して行きたいと思います!

 

イベント定例会、個人の貸し切り、お祭り企画など、様々な事が無事開催出来ます事を祈るばかりです。

更なる困難や、思い通りに行かない事こそサバイバル!

ジョーズポイントは皆さんと共に、協力し合い助け合って今年も遊びを共有して行きたいと思います。

 

皆さん!宜しくお願いします!('◇')ゞ

 

※ 皆さんの写真はGalleryに移動しました。



去年の記録はGalleryに移転しました。

2019年度よりお楽しみ下さい。