停戦協定

Mission 内容

 

停戦協定を結ぶ事で現在進行しているミッションを全てリセットし、無理やり再スタートさせる事が出来ます。

 

ルール

 

停戦を申し出た場合、現時点での戦闘を速やかに停止するようアナウンスを促します。

(戦闘の停止は必ずしも守らなくても良いですが、交渉は不利になるでしょう。)

その後 敵側に合否の確認連絡を入れます。

受け入れる場合は第三勢力が仲介に入り、HQが指定したエリアで両司令官同士が話し合う形になります。

 

ポイントは両司令官がその場に出向かなければならない事です。

 

停戦協定をボイコットする事も可能ですが、その場合交渉チケットを3枚消費します。


御互いの握手をもって交渉は成立としますが、実はこの協議そのものがかもしれません。

司令官を狙うには絶好のチャンスでもあります。

同行者(SP)は何名付けても構いません。

その気ならスナイパーを配置することも良いでしょう。

 

例えば、ミッション「単独潜入」の司令官の暗殺を同時に発動させると相性が良いかもしれません。

はたまた交渉の場を修羅場に変え、全ての機能をマヒさせる事も・・・

他のミッションと組み合わせ次第で、大きな戦局を迎える事にもなりそうです。

 

※ 暗殺する場合は、御互いの距離が近距離になる事も考え「悪さーP38」をお使いください。

交渉時間:10分

 

参加者:司令官(同行者は何名でも構わない)

 

成功報酬:全てのリセット、及び再スタート、戦略的優位性の確立。